お坊さんに説教こかれた






業や災いをもって生まれてきたとか

ご先祖様の供養がたらないとか

とりことりよめ家系で罪障があるとか

修行や徳を積まなきゃだとか。




私は先天性の病気を持って生まれてきたので
お寺に行くとそんな風に説教されます。




でも少なくとも逆の恩恵も受けていると思うんです。

病気になったからやり始めたことや
出会った素敵な人たちもいるわけですし。




ハンデがあると思って志を強くもっていきたいです。

わたしの病気は、誰かに出会うための
何かをするための材料なのかもしれないとか思ってみたり。



因縁とか業とかではなくて、試練とか課題とか。

そう思う方が現実生きててすごく楽しいので
そんなだと思うことにしています。  



でも先祖供養はまあまあ大事かなあとも思ったり。
日々の御仏飯、お彼岸、お盆、法事など。

まあ、和尚さんもビジネスですからね。。



自分のできる限りのことはやっていきたいと思います(。・ω・)/




0191




関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキングに参加しています
クリックしてもらえるとズコーンとやる気でます(・∀・)


ツイッターhanaのTwitter




感情は勝手にあふれるもの




どうして腹八分目ではなくて

腹六分目なのかと言いますとですね。



それだけ感情のコントロールは難しいということです。



どうせ感情なんてあふれでてしまうものだから。
六分目におさえようとするくらいでちょうど良いのです。
 

自分では腹六分目のつもりでも
他人から見ると八分目や九分目出てる可能性アリですし。


本当にいやなことはまるわかりだったりするし。

身近な人ほど言いやすかったりするし。




距離感を大切にしましょ。

火傷しないように、地雷踏まないように。



0190



言わなきゃいいってものでもなくて(。-_-。)

上手に伝えるのって難しい。




えぇ、わたくし溜めこむタイプです。。(苦笑)



関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキングに参加しています
クリックしてもらえるとズコーンとやる気でます(・∀・)


ツイッターhanaのTwitter