リズム感を鍛えると脳が鍛えられるよ



ブログではちょくちょく書いていますけど
わたくし、トロいです。あは。

ええ。自慢にもなんにもなりませんけどね。
いやもう自慢できるくらいのろいです。


なんと言いますか、
動きが遅いうえにやる気や情熱というものがないといいますか。


どうしたらよいのでしょうか、この性格。
どうにかしたいとあまり思えないのが問題なのかもだけど。。


他人様からはですね、よくおっとりしているとか言われます。

良く言えば「おっとり」
悪く言えば「のろま」

昔からそんなのです私。




息するのもおそい、
まばたきもおそい、

歩くのも遅ければ
食べるのも遅い。


いろいろ準備するのもおそくて
おふろも遅い。(最近ちょっと早くなった)


わたしの中では、
時間がとってもゆっくり進んでるのかもなのです。




移動教室の授業のときなどは、周りにみんないなくて

あれ、次どこだっけ…?

と、1人取り残されているようなそんな人間です。
たいてい誰かがお世話してくれてる。いつも心配かけてる。



夏休みの宿題もギリギリにならないとしないタイプのくせに
それでも焦ったりはあまりしてなくててれてれして
終わらなかった宿題を途中のまま持っていくような。


あ、でも仕事はちゃんとします。
経理事務とかやってたので電卓とか超高速です。自慢です。




と、まあ、そんな私が演奏する曲は
速い曲でもなぜかゆっくりに聞こえてしまうようです。

体内リズム感が遅く設定されているのかなあ。
ちゃんと弾いてても「テンポおそくない?」とかよく聞かれちゃう。



このような私でございますが、前回の音感のお話に引きつづき
今度はリズム感についてちょっとお話したいと思います。



エレクトーンを弾くときはたいていリズムを鳴らしますので
テンポを一定に保つことやリズムをよく聞くようにすることは
自然に身につくことも多いです。



ピアノはそうではないので、なるべく早いうちから
メトロノームを取り入れた方が良いです。


ある程度弾けるようになった曲で、もう少しで合格かな〜というところで
「じゃあメトロノームに合わせてみましょうか」というと
リズムをちゃんと聞くことができずたいてい合わせて弾けません。


そのときは、テンポをゆっくりに落として
1番弾けなかったところに合わせて全体を弾いてみるのが良いです。

でもこれだとそうとう時間がかかってしまうので
できなかった部分だけを切り抜いて、ゆーっくりから練習します。

みんな嫌がりますけどね。
子供はとくに速く弾くのが大好きです。。
(私も好きだったです…)




エレクトーンではリズムがずれると
カウントがずれるからリズムを止めるとかしかなくて、
ほら私まちがえたぞってすぐにわかるんだけど

メトロノームってずっと同じようにコチコチ言ってるだけだから
ずれてもなんとなく戻せばいいやってなるし
よほど自分を厳しくしないとむずかしくて。
自分がずれていることに気づかない人は多いです。

ずれてるよ、と言うことはできても
本人が気づくしかないんですよね。。


わざとテンポを揺らすとかでそりゃ上級者は全然良いですけど
初心者のうちはずれないように一定のリズムを刻めるように
耳をきたえるのが大切だなあと思います。



練習している曲に慣れてくると、ついつい速くなってしまったり
ということがけっこうありますので、
そういうときは2拍目と4拍目に意識をおいて
少しゆっくりめに弾くことを心がけるとよいかと。

私みたいにあまりにもゆっくりになってしまうといけないですけれど。
よく1拍目もずれて怒られていました。。むー。


少しだけずらすと優雅に聴こえてかっこいいです。




リズム感を鍛えるぞーと意気込むのはなんかあんまりあれなので
リズムをゆったり感じる、くらいの心構えで良いのではないでしょうか。。
まずは一定の速さを保てるようにすること。
意識的によく聞くことがやっぱり大事です。



あまりにリズムをきざめない子には
四分音符や二分音符や八分音符を両手でバラバラにたたいたり
足ぶみしたりして遊びながら脳をきたえます。


手にはたくさんの神経がいきわたっていますので
脳のトレーニングにもなりますのでボケ防止にも良いです。
ぐーぱー体操とかだけでもいいし。




私はずっとエレクトーンで電子音のリズムに慣れているので

実はメトロノームが苦手なんですよね。。
あの動きを見てると顔が一緒に動いてしまいます。



車のワイパーとかも。

雨の日は信号で止まるたびにワイパーの動きも止めます。。




0479






指がきたえられます
>>ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】




関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキングに参加しています
クリックしてもらえるとズコーンとやる気でます(・∀・)


ツイッターhanaのTwitter




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する